ボクは、日々の出来事、出会った人々、目に見えない不思議な流れ、読んだ本……それらを体系化し、一つの地図にしたいなぁと考えています。 そうすることで、新しい風景が現れて、とてもすがすがしい気持ちになれると信じているからです。

 

これは何も特別なことじゃない。人はそれぞれ意識しているかはどうかは別にして、そういう作業をしているのだと思う。やりかたはそれぞれ違うのだろうけれども。

 

ボクにとっての、その作業はおそらく「絵を描くこと」なのではないか?

 

……そのように思うのです

 

              2012.7.13   堀江和真